治療の流れ

当院の治療の流れとご説明

1.まず問診表に記入して頂きます。

ご自身の症状や、お悩みなどを記入していただきます。
その内容をパソコンに入力し検査をさせていただきます。


2.問診票に基づいてカウンセリングさせて頂きます。

今までの経過、今後の予定、ご希望などをお聞きしていきます。
生活習慣もお聞きして、一人一人改善されると良い点のアドバイスをさせていただきます。


3.良導絡検査をします

・ホルモンや自律神経の状態
・代謝機能や婦人科(子宮、卵巣、卵管など)の機能
・胃、腸、肝臓、腎臓などの内蔵機能
・病気への抵抗力や免疫力やスタミナ度
・心の状態、ストレス度、検査により一人一人ちがう症状や体質に合わせて、その人に合った改善策や治療法を決めます。

<グラフの読み方>

  • グラフの緑色の二本線は免疫力を表します。
    上にきている程良い状態(=免疫力が上がった状態)です。
  • 赤色は機能の亢進状態、青色は機能の低下状態を表します。緑色のライン内におさまるのが良い状態です。
  • 疲労、冷え、ストレスなど自律神経の状態がわかります。
  • 平均値=元気度(代謝機能、環境の変化や刺激に対応する能力、病気に対する抵抗力やスタミナ度)
  • F(足)の平均値がH(手)より高い場合は、ストレス過多。初診~治療中間時~人工授精後と進むにつれて、緑色のラインが上がり、赤色と青色が少なくなっています。


こちらも初診時~治療中間時~体外受精後と進むにつれて、緑色のラインが上がり、赤色と青色が少なくなっています。

それでは良導絡検査が終わったところで、治療を進めていきます。


4.ゲルマニウム温浴

ゲルマニウム温浴で手足をお湯につかっていただくと、体全体が芯からぽかぽかに温まり、リラックスして眠くなります。
不妊に悩まれている女性の多くは体の冷えも原因の一つです。




5.N.O.E(高周波トリートメント治療器)

この温熱治療皮膚表面から17㎝の深部まであたためながら細胞を活性化させます。
お腹や腰をあたためることで、骨盤内や体全体の温度を上昇させ体の血流を良くします。

【サーモグラフィーでの体温上昇の様子】


6.TEISIN治療

TEISINを打つポイントは人により位置が違います。
検査機器でツボの診断ができるのでそのツボにTEISINを打ちます。
TEISINとはお身体に刺さない鍼(てい鍼)です。

【TEISIN治療の効果】

・子宮や卵巣への血液循環を改善する
・全身の機能改善をはかり、免疫力を上げる
・卵の質を上げる
・子宮内膜を整え、着床しやすい厚みを確保する
・血行を良くし、生理周期やホルモンバランスを整える
・流産の予防
・子宮外妊娠の確立を下げる
・つわりの軽減
・薬や注射などの反応を良くし、副作用を軽減する
・精子の数、運動率、奇形率の改善をする